結婚した頃の私にもどれたら

結婚してもうすぐ20年を迎える。子供は第1子が女の子、第2子が男の子で自分も喜んだし周りからも理想的だねとよく言われたものです。子供が小さい頃はイベントごとも多くその度にお祝いを貰ったり着る物や遊び道具などもプレゼントされることが多く、家計も支出よりは収入が多かったように思います。

子供が小さいので働きにも行ってなかったけれど夫の収入と親から貰うお祝い等で結構貯金もできました。私の性格からいくとあると使いたいほうなのですが、常々実家の母から「貯金は子供の小さい頃しか出来ないから無駄遣いはやめて貯めておきなさい」と言われてました。わかったと言いながらも、子供が大きくなれば働きに出ればいいし、と心の中では思っていました。

月日が流れ第1子は中高と公立で大学は私立に。入学金や授業料でお金は、まとまってでていきます。それでも1人だけだし第2子も公立なのでそんなに気になりませんでした。

しかし、第2子も私立大学に進学したのです。十分に考えられる未来予想だったのですがお金に関しては想像以上でっした。春に1年分か前期分を支払うのですが、1年まとめて払うから安くなる事もないのです。2人分なので迷うことなく前期分のみ。入学した年は他にも色々あってサークルで服を揃えるとかクラブで揃えるとか、ちょこちょこ出費があります。

子供に払わせるものもありますがバイトをするまでは無理なので結局親が出す事に。

子供が大きくなって自分の時間が増えましたが、自分の時間はパートの時間になっています。

子育てでバタバタしていた頃の私に戻れたら、もっと賢く貯めてみせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です